着物のお手入れ

着物の良さ、それは
代々受け継ぐことができること。

祖母から母へ、母から娘へと、
時代を超えてつながっていくもの。
着物乃塩田では着物をきれいな形で受け継いで
いただくためのお手伝いをしています。

しみ抜きから丸洗い、染め替え、
仕立て直しに至るまで
お困りのことはぜひご相談ください。
また今お持ちの着物のお手入れ方法なども
随時承りますので
お気軽にお問い合わせください
お見積もりは無料です。

少しでも永く着物をきていただくこと、
これが私たちの願いです。


お手入れ内容例

一番基本的な、着物のお手入れ方法です。簡単な衿の汚れや袖口の汚れ、ドロ跳ねなどは、早いうちに丸洗いをすれば取れてしまいます。何度か着用なさった後、長期保存なさる場合は、丸洗いをお勧めします。

丸洗いをすると汗抜きもできると思われがちですが、全く別のものです。特に長襦袢は、 肌に一番近いものですので、汗がしみ込みます。そのまま長期にわたって保管することは、変色の原因になりますので汗抜きをお勧めします。

衿の汚れや食べこぼしなど、部分的な汚れを取り除くためのお手入れ方法です。ご自分でこすってしまうと、生地自体を傷めてしまうケースや、汚れが広がってしまう恐れがありますので、早めにご相談ください。

長期保管をすると、白い粉のようなものが点々と付いてる場合があり、そのような場合には、カビが発生している可能性があります。
他のきものにも同様の症状が見られると思いますので、まずはご相談ください。正しい方法でお手入れすれば、カビを落とすことができます。

ひどい汚れや、根強いシミなどがある時、またはサイズを仕立て直す際に「洗い張り」を行います。洗い張りは、一度着物を反物の状態へ解きほぐし、水洗いをおこないます。
単にきものを奇麗に洗うだけでなく、新たに色をかけたり、生地の前後・左右の見頃を入れ替えたりと、様々な形に蘇らせることができます。